bcnr33の人気再び

最近bcnr33の人気が再び再燃しているらしい。


あれからもう20年が過ぎているけど、これだけ僕たちの心を魅了するbcnr33は本当にすごい。

もう開発者は完全に定年してるのに(笑)


でも、いまだにスカイラインの速さも最新のスポーツカーに劣らないよね

スカイラインはやっぱ早い!!

スカイラインの最高速を測定!!

いったいこれは何キロ出てるのか?


BNCR33でも計ってるのないかな〜?





スープラ対スカイライン


これも面白すぎです。




R33対R34

これはおもしろいです

BCNR33いろんな意見

BCNR33スカイラインは,R32からメカ的には大幅に改良されたモデルである.ただ一点,ホイールベースがローレルと統一された点を除いて(涙).

何にしても,自動車は機械であるが,つまるところ商品である.そして,いわゆる技術だけでは,優れた商品は作れない.優れた走行マシーンは作れても.

ということで,「あした、スポーティーに生きる。」というなんだかワケの分からないコピーでいや〜な予感がしたのは適中し,商業的にも批評的にも十分な評価は得られなかった.

とにもかくにも,BCNR33はR32からプラットフォームが更新されており,それに伴い以下のような変更があった.

燃料タンクがトランク下から後部座席下に移動した
バッテリーがエンジンルームからトランクに移動した
フロント・マルチリンクサスペンションのアッパーアームがI型からU型に 変更された

BCNR33はその他色々改良されており,ボディ剛性などもR32より増しているらしい.R32と同様の明快なコンセプトとそれをまとめ上げる強い意思があれば,この車も傑作と呼ばれたかもしれない.

しかし,BCNR33の問題は技術以外の所に潜んでいた.

ローレルとの共通化の圧力についに勝てなかったのだ.特にホイールベース.設計がかなり進んだ段階で,ホイールベースを105mm延長し,ローレルと同じにすることが突然決定したとか.これはクーペのデザインにモロに影響し,独特のなが〜いサイドフォルムが誕生した.

R32が名車だということを,一番理解していなかったのが,日産内部の首脳陣であった.大きい組織では,敵は常に身内にいる.合掌.

追記:R33のセダンのデザインは,全体に緊張感がないのが難点だけど,他に似ているものがなくて悪いものでもないと思う.キャビンを大きく見せるゆったりとした形は,長距離乗っても疲れなさそうで,「GT」という言葉にぴったりの車だ.R32の後継ぎというのがまずかったと思う.

なぜ6気筒にこだわるのか

Q2.BNCR33のエンジンはどうして直列6気筒がメインなの?


A.2

 実はスカイラインに初めて積まれたエンジンは1500ccの直列4気筒でした。

第1回日本グランプリに参戦した初代スカイライン・ALSIは残念ながら惨敗を期してしまいました。

ところが当時、技術を売り物していたプリンス自動車にとってこの結果は当然許されるべきことではありません。

翌年の第2回日本グランプリに向けてでてきたのが2代目スカイライン・S50の大改造計画です。


基本的に直4を搭載していたこの車に、グロリアの直列6気筒を載せることを考えついたのです。その結果スカイラインのノーズは直6が納まるように延長され、結果的にはこれが功を奏し、あのポルシェカレラ904とのデッドヒートを繰り広げるという快挙を成し遂げました。この車がスカイラインGT(限定100台の販売)であり、「日本車初のGT」が誕生したのです。

 そのあとスカイラインの上級グレードには直6を積むようになったのは言うまでもありません。

但し、R30系は直6のスカイラインというより直4を積んだスカイラインという印象が強いです。

基本的に前のスカイラインが直6を積んでいたから次も直6だというところが正直なところだと思います。

スカイラインといえば直6という固定観念がそうさせているのかもしれません。ただ、次期スカイラインR35はV型6気筒を搭載するらしいですが・・・。

スカイライン

Q1.「スカイライン」という車名は何処から来たの?

A1.
 「スカイライン」という言葉の意味はご存じのとおり「地平線」とか「空を背景とした輪郭線」といった意味です。

もともとスカイラインを最初に作ったのは今は無きプリンス自動車(現在の日産に吸収合併)というところで、実はこのプリンス自動車、もともとは零戦のエンジンを作っていた立川飛行機と中島飛行機が前身となっているのです。


 第2次世界大戦でアメリカに負けた日本はGHQにより航空機産業の道をたたれました。

そこで他の産業に移らねばならなくなったエンジニアが集まってできたのがプリンス自動車なのです。飛行機と空(スカイ)、プリンス自動車のエンジニアにとっては忘れられないものだったでしょう。

こうした空への想いが「スカイライン」という車名を生み出させたのです。

ちなみに「スカイライン」という名前を考え出したのは初代から7代目スカイラインまでの開発に当たった櫻井眞一郎氏です。

どうも櫻井氏は志賀高原で見たスカイラインの美しさに心を奪われ、それに車のイメージを重ねたみたいです

BCNR33レビュー

BCNR33レビュー集



BCNR33はじつに刺激に満ち溢れている。BCNR33のボディ剛性感は、これまでのどのモデルよりも頼もしく感じる。目をつぶって乗れば、この感覚はドイツ車かと疑いたくなるほどに強固なのだ。

BCNR33はそんな骨格のうえに、これまた驚くほど高剛性のサスペンションが合体されている。

ハンドリングがじつに元気だ。微少舵角でハッと驚くほど鋭く切れるのだ。

搭載されるV6・3.5リッターのエンジンも刺激的である。7500rpmまでスパンと吹ける。パワーも力強い。というよりその反応が刺激的なのだ。

不用意なスロットルオンは避けたほうがいい。手綱をとけば、蹴飛ばされたかのようにダッシュするのだ。

BCNR33『スカイライン』の走りのすべては “刺激”という言葉でいい表せる





日本で販売することも考えて一定程度に抑制の効いたクルマ作りがなされているし、スカイラインらしい走りの伝統はしっかり受け継いでいる。

BCNR33は実際に走らせると、クルマを運転しているという実感を強く感じることのできる一台だ。

BCNR33に搭載されるエンジンはすばらしい実力。吹き上がりもアクセルワークに対する反応のよさも上々だ。

4輪アクティブステアもキビキビした走りのフィールを実現しており、スカイラインらしいスポーティさを表現する要素となっている。標準グレードの出来のよさが、4WAS装着車のよさにつながっている。

BCNR33は元気よく走らせると車内にいても車外にいても相当にうるさい。この価格帯のクルマの中でもっともうるさいクルマではないか。スポーティなクルマだって静かにして欲しい。




BMWとの比較

BMWとの比較


現車である323iスポーツエディションと前車であるスカイライン(R33)GTS25typeG(NAエンジン、 セダンです)をメインに比較をします。

1.ボディスタイル(外観)
これは文句なく323iの勝ちでしょう。クーペのようなシルエットは実にかっこいいと思います。実際、購入検討時にクーペが発表されたのですが、シルエットで見たら大してセダンと変わらないと感じました。前後のデザインもクーペよりもセダンの方が私の好みです。

BCNR33デザイン的に間延びしていてダメですね。テールが大きく絞り込まれているのは少ない好みの点でした。


2.インテリア・居住性

全長で30cm程度323iがBCNR33より小さいですが、居住スペース、トランク共に323iの方が広いです。
前席は同じ程度だと思いますが、323iの方が着座位置が高めです。またBCNR33は助手席の足下に触媒か、サブマフラーを納めるための膨らみがあり余り良くありません。シートはスポーツシートの筈なのですが、サイズが大きいのかホールド性はイマイチです。一方、強く拘束されないので普段の使用には全く問題ありません。

内装のクオリティは323iの方が組み付け精度が高く感じます。ただ、323iはサイドブレーキのグリップが皮巻きでない、サンバイザーが起毛処理でない、収納スペースはあるがサイズや配置が中途半端で使い勝手が悪い点が不満な点です。

スイッチ類の操作性はBCNR33の方が良いと思います。

特に323iのハザードスイッチ、パワーウィンドウスイッチにブラインドタッチは、ほとんど望めません。前後フォグランプスイッチも間違えそうで良くありません。また、悪いことでは無いと思いますが、323iのスイッチの多くは確実に操作することを要求されます。多くの国産車に比べスイッチのストロークが長く、重さがあります。応答も意図して鈍くしてあるように感じます。

メータはBCNR33の方がやや大きく見やすく感じます。ただ、ドライバーに与えられる情報量はオンボードコンピュータを含め323iの方が多くなっています。赤のメータ照明はコントラストが低いのがイマイチです。

エアコンはBCNR33の方が使い勝手、性能共に良く感じます。323iは能力不足なのか特に夏場、外気導入と循環で送風温度にかなり差があります。たとえフルオートにしてあってもです。ただ、323iのエアコンコンプレッサーは可変容量タイプなのか、クラッチ断続時のエンジン回転数の変化がありません。

323iのオーディオは余りほめられたものではないと思います。私はヘッドユニットをナカミチのCD−45zに変えていますが、それでも音質は締まりがない感じです。(よく言えば柔らかい音) やはりスピーカも変えないと私好みの音は出せないようです。しかし社外品の種類は少なく、結構値が張る物が多くすぐには手が出せません。オーディオスペースが事実上1DIN分しか確保できないのは良くないですね。
  
3.エンジン

排気量はどちらもNAの2.5Lですが323iの方が低中回転でのトルクが大きく気持ちのいいエンジンフィールです。R33のエンジンは通常よく使う2000回転付近のトルクが小さくストレスがたまりましたが、高回転では20馬力の差(323i 170馬力、R33 190馬力)もあってか、BCNR33の方が気持ちよく吹け上がります。

エンジンサウンドは、通常使用ではどちらも比較的気持ちの良い音を出していると思います。ただR33は高回転になると音が濁ってきますが、323iは綺麗な音のまま最後まで回りきります。しかし323iも吸気音(だと思うのです)がやや下品な音を出しますし、マフラーエンドに取り付けてあるシャッターバルブが閉じていると隙間から漏れ出る排ガスがブスブスいってます。いずれも運転中にはあまり気にならない音です。

吸気音やマフラーの音より気になるのが、ラジエター部のファンが発する騒音です。特にエンジンの動力で回すファンが動き出すとゴォーゴォーとかなりの騒音を発しますし、パワーも結構食われているようです。特に夏場はファンが動作する頻度が高く閉口します。

4.ミッション

ミッションは両車とも5AT(R33も初期のNAモデルは5ATでした)ですが、323iの方が変速ショックは小さくスムーズですし、おとなしい運転で学習すると2速発進を行うので発進時はさらにスムーズです。BCNR33は変速ショックが大きく、学習もしないのでどんなにおとなしく運転しても必ず1速から発進します。

ただ323iのATは、パートスロットルで加速中にシフトアップしたり、定速走行になってもなかなかシフトアップしないなどのクセがあります。(学習のさせ方が下手なのかもしれません)R33は加速中にシフトアップする事はありませんでしたし、負荷が少ないとどんどんシフトアップしていきましたから、最初は違和感がありました。

323iのマニュアルモードについては少々不満です。変速は大変応答が悪く、特にシフトダウン時の応答が悪いため、期待するタイミングでエンジンブレーキが得られず、あわててフットブレーキを踏むこともあります。また、シフトレバーを操作してから変速を始めるまでの時間が一定でないのも困りものです。印象としてはアクセルOFF時の変速が特に遅いようです。巷でよく言われているレブリミットで勝手にシフトアップする問題よりも、こちらの方がよっぽど問題だと思うのですが...

5.サスペンション(ハンドリング、乗り心地)

ハンドリングは両車ともかなりレベルで、私のような素人のワインディング走行程度ならば互角です。BCNR33はNAモデルでもなかなか侮れないモノがあります。(腐ってもスカイライン?)また、安定志向である点も共通していると思います。R33の前はシルビア(S13)に乗っていましたが、こいつはかなりのじゃじゃ馬娘で、振り回しがいのある車でした。高速走行時の安定感は法定速度内であれば323i、R33とも優れていますが、公言できないような速度では323iが圧倒的に優れています。やはり母国の道路環境の差でしょうか?

323iはタイトなコーナでイン側リアタイヤが簡単にトラクションを失い、すぐにASC+Tが働きます。R33もそうだったと思います。ということは自分の運転が下手なだけか (^_^;)轍などでハンドルを取られやすい(ウイークポイントでは無いと思います)のもR33とは違っている点です。

323iのハンドルの操舵力はかなり重く、手のひらでクルクルという操作は不可能です。中立付近ではハンドル操作に対する応答を鈍く感じますが、切り込んでいくとかなりシャープな応答に変わってくるように感じます。BCNR33は軽い操舵力で特別シャープであるような印象はありません。ただハンドルを切ったときにゴムの棒を回しているような感触があり慣れるまで違和感がありました。余談ですがR34スカイラインのターボ仕様の足はやりすぎと思えるくらいシャープなセッティングです。

乗り心地はしなやかで大変気に入っています。スポーツサスペンションが入っているのでやや堅めですが、不満ではありません。購入当初は道路の段差等での突き上げや、コーナリング中にギャップを乗り越えた時ハンドルを取られるような動きが出ていたのですが、現在は当たりがついたのか影をひそめました。

6.ブレーキ

絶対的な性能に323iとBCNR33に差は無いと思いますが、強めのブレーキングをしたときの効き方は尖っていないというか何ともいえない気持ちのいい効き方をします。

ブレーキダストはR33がほとんど汚れないのに対し、323iのブレーキダストはすごいですね。また、ディスクロータは錆びやすく1週間動かさないでいると錆びて真っ赤になってます。もちろん少し走れば元に戻るので全く問題ありません。これらと引き替えに気持ちのいい効き方、性能を獲得しているのでしょう。

7.燃費

323iはBCNR33に比べ状況に関わらず10%程度燃費が良いようです。市街地:9km/L、郊外:11km/L、高速:13km/L程度は走ってくれるので特に不満はありません。ただしオンボードコンピュータの表示ですので、満タン法で計った場合はもう少し違うかもしれません。





(転載元)
Club BMW3より

BCNR33の本

BCNR33の本

img2003112819152653387600.jpg



R33GT-Rの情報だけを集めたガイドブック
チューニング前にまずチェック!BCNR33用パーツカタログ

BCNR33GT-R CHECK UP THE POTENTIAL

BCNR33GT-R デモカーコレクション

BCNR33エアロチューン最前線

nismoチューンのポテンシャル

コンペティションシーンのBCNR33

BCNR33中古車選び

BCNR33パーツカタログ
...etc



R33GT-R CHECK UP THE POTENTIAL

ショップデモカーを例にBCNR33の真の実力を検証する

R33GT-Rでは街乗りライトチューンがまだ多いようだが、サーキットやゼロヨンのチュ―ニングはまさしくこれからが旬だ。

そこで開発では先行している有力ショップのデモカーを例にエンジン、足まわり、ボディなど個別にセッティングの方向を確認し、R33のポテンシャルを徹底チェックする。


NEXT STAGE
グループA無き後、新たな闘いの場に身を投じたGT-R
BNR32という名車の後を受けて生まれ、最強のクルマと比較される宿命を持ったこのBCNR33。

それは、レースの世界でも同じことが言えた。

BCNR33はグループA完全制覇という神話を作り上げた先代を越える活躍ができるのか、周囲の期待に満ちた視線を全身に浴びながら、R33GT-Rはサーキットに姿を現した。

情報掲載車種/型式(▲:本発行日までの情報)
BCNR33(平成7年1月〜平成11年1月)